おすすめ優良企業紹介 〜新田ゼラチン株式会社〜

新田ゼラチンってどんな会社?

 

大阪府八尾市に本社がある化学メーカーで接着剤や食品添加物でよく使われるゼラチンとコラーゲンペプチドを専門に扱っていますゼラチンの会社としては国内1位、世界4位の超大手企業です。

 

創業は1918年、牛革のベルト製造で始まりました。牛革の製造の過程で出てくるのがゼラチンなのですが、ここに創業者が目を付けます。当時(大正期)、ゼラチンは全て輸入に頼っており、国産で製造できる工場がありませんでした。副産物として出てきたゼラチンを商品化できるまで品質を押し上げる製造法を独自に開発し、自社製造のゼラチンをテスト販売したところ、市場に大ウケそこで大量生産すべく、八尾市に日本初のゼラチン専門の工場(この場所で今も稼働しています)を造りました

 

戦後、1945年に牛革ベルトに特化したニッタ株式会社と事業分割し、ゼラチン専門の化学メーカーとして設立しまして、現在に至ります。

 

なぜオススメしているのか?

 

原料を扱うメーカーであり、日本はもちろん、世界でシェアを獲っていることです。ものつくりの会社を調べたとき、最終製品を作る会社より、原料を作る会社の方が景気に左右されにくい

 

ゼラチンの場合、最終製品の一例を挙げますとゼリーです。ゼリーを作る会社ですと、お客様はコンビニエンスストアやスーパーマーケットとなり、受発注がばらつくことが多いです。さらにはより多くの注文を毎週いただきたいとライバル会社との営業合戦も凄まじい傾向にあります。

 

しかし、新田ゼラチンのような原料の会社であれば、お客様はゼリーを作る会社です。「1年でこれくらいのゼリーを作るから、御社のゼラチンを○○トンください」と半年や1年単位で注文が来ます。さらに新田ゼラチンは日本国内で約3分2のシェアを獲っています

 

なので価格競争に巻き込まれていないことが非常に重要な点です。さらには、以前から付き合いのある顧客からの売上で安定的な経営ができるため、ガツガツとした新規開拓の営業をする必要性があまりない。既存の顧客と綿密に対話を繰り返した方が、より多くの売上げを上げやすい会社です

 

「食」についての原料を扱うメーカーや商社は総じて、新型コロナウイルスの影響を受けていません新田ゼラチンも例外ではなく、多少の増減はありますが安定した売上げで、営業利益は増やしています。非常に安定した会社として、当マガジンはオススメしています。

 

新田ゼラチンの魅力的なところ

 

とにかくゼラチンで圧倒的なシェアを獲っていることです。食品メーカーで商品開発をしたい、と考えている就活生が多く居られます。めでたく食品メーカーに入社しても、いきなり商品開発に携わることはほとんどないと言っても過言ではありません。

 

多くの場合は、まずは営業職で市場の感覚を磨き、そこから運良く異動の希望が通れば商品開発ができます。商品開発までの道のりはえてして長い。しかし、原料を扱う会社ですと、「ウチの原料をこのように活用するともっとおいしくなりますよ」とか、生産のときに「ウチの原料はどれくらいの量が必要ですか」といった感じで、入社していきなり営業活動の一環で商品開発に関わることができます

 

新田ゼラチンも同様で、ゼラチンを必要とする食品を作る会社と一緒に商品開発や商品の生産に携わることができることが魅力ですね。

ゼラチンの市場は伸び続けており、特に今、大きく伸び始めているのは医療用途のゼラチンです。わかりやすいところですと、iPS細胞とか網膜細胞といった培養するときの基材(シャーレの上に載せるもの)です。これは伸びる可能性を秘めています。

 

さらに、ここまでゼラチンしか述べていませんでしたが、新田ゼラチンのもうひとつの商品はコラーゲンペプチドです。ゼラチンを加水分解して得られた分子量が小さいものなのですが、ゼリーのように堅く固まらないことがポイントです。乳製品の添加物として多く使われています。あと、骨や関節の機能性を向上させるための栄養補助食品やサプリメントなどにも多く使われています。さらには、化粧品にも使われており、これについての売上げが伸びています。

ゼラチンとコラーゲンペプチドで、市場の成長とともに今後も伸び続ける会社です。

 

働き方や福利厚生は?

 

ワークライフバランスが徹底しており、原則的に月25時間以上の残業を社則で禁止しているため、定時で帰りやすいと推察できます。さらに有給休暇を取得することを奨励しているので、ガツガツ働きたい方にとってはもしかしたら物足りなさを感じるかもしれません。

 

一方、顧客企業の関係で入社して間もない社員にも大きな案件を担当する機会も結構多いことも特徴です。さらには仕事で高い成果を出した社員には月ごとでボーナスをいただける仕組みもあります。

 

産休と育休もためらいなく取得できる会社だと思いますので、女性に優しく、男女平等に評価されるため、女性の管理職の方が徐々に増えていることも注目です。

本社の敷地内に工場があるため、社員食堂が充実していることも見逃せません。超安価(半額を会社が補助)で昼食をいただけることは、健全に働くことにおいて、非常にありがたいサポートです。

海外市場の売上げをもっと増やしていこうと考えているため、英語学習についての補助も手厚いことも特徴です。

 

どんなタイプの就活生だと活躍できそうか

 

まず、新規開拓をガツガツやりたい、というより、既存顧客と培ってきた関係性を大事にしていきたい、と考えている就活生が向いていますまた、着実に技術や仕事を進めていきたいと考えている就活生に向いている会社だと言えるでしょう

 

加えてどんな人でも友達になれる、というタイプの就活生の方に向いている企業です。ものつくりの会社ですので、受注を受けた1つの製品が確実にお客様の手元に届くよう、いろいろな部署の方や顧客企業と話し合う機会が非常に多いことがその理由です。技術方に在籍しても、生産の方と話し合ったり、営業の方と話し合ったり、経理の方と話し合ったりなど、さまざまな部署の方々と横断的に対話を繰り返し、調整していくことが問われます。よって、どんな部署や立場の方とも対等に話すことができるコミュニケーション能力と、あっちを持ち上げて、こっちも持ち上げるといった調整能力を持っていることが求められます理系の方でも相応のコミュニケーション能力を有していることが必要です

 

大きな敷地を有する本社は年に一度、周辺住民を招待して大規模なお祭りを開催します。それゆえ、地域密着に成功している会社であるのですが、周辺住民とのコミュニケーションを臆せずできることが、新田ゼラチンで活躍できる人の重要な条件のひとつです。社歴の長い地元に定着した企業の特徴でもあるのですが、文系の方はもちろん、理系の方でも高いレベルのコミュニケーションが求められる会社です。

 

まとめ

 

大阪府八尾市が誇るトップ企業の新田ゼラチンについてまとめてみました。食品添加物として欠かせないゼラチンで国内シェアを獲っているため、景気の変動からの影響をそれほど受けていない安定企業です。

 

ゼラチン市場はますます伸びていくことが考えられることと、自社の海外進出をより積極的に行っていることとで、今後さらに自社の売上が増え続ける会社であると推察できます。食品業界を志望している就活生の方は是非、添加物にも興味を持っていただきたいと考えています。その中で当マガジンのオススメとして、新田ゼラチンを紹介させていただきました。この記事を読みまして、新田ゼラチンに興味を持ちましたら是非、受ける会社の候補のひとつとして加えてみてくださいませ!

 

新田ゼラチンのホームページ

新田ゼラチン株式会社のホームをご覧いただけます。…

 

 

 

最新情報をチェックしよう!