おすすめ優良企業紹介 〜株式会社大気社〜

大気社ってどんな会社?

空調設備工事の国内最大手企業です。「ビル空調設備」「産業空調設備(工場の空調設備)」「塗装システム」の事業分野を持ち、特に自動車塗装設備では世界2位のシェアを獲っています

1913年に創業したときのメインは、オフィスで使う空調機器の輸入事業です。その後、自前で輸入した空調機器の設置工事の事業をスタート。1930年代には、紡績工場内の温度などを調節する機器の調達を請け負ったのをきっかけにして、工場や事業所といった産業用の空調機器の調達と設置工事にも進出します。

第二次世界大戦の前の段階で事業範囲を大きく広げていました。戦前に培った技術を活かして、自動車の塗装の事業に参入しました。自動車の塗装で特に難しいのは、ボンネットのような広い面にムラを一切作らずに完璧な塗装を仕上げることです。これを大気社は室内の気流を制御する技術を応用して、自動車塗装に対して完璧な仕上がりを常に実現するシステムを作り出しましたこの自動車塗装のシステムで海外に進出し、国外で19カ国の拠点を持つ、設備工事の世界企業でもあります

 

なぜオススメしているのか?

ひとつ理由を上げると、新型コロナウイルスの影響で受注を増やしているためです。日本ではそうでもないのですが、特にアジア圏では工場内の環境が不清潔な状態で仕事をしているケース少なくありません。

新型コロナウイルスは空気感染するため、工場経営者はみんな、自社の工場で感染してしまうのを避けようとしますなので「ウチの工場の空気をキレイにしてくれ」と注文が増えているのですコロナ禍の前から、自動車塗装の分野で売上げを増しているのですが、新型コロナウイルスの影響で、きれいな空気の中で仕事をしないといけない、と気付いた経営者からの注文が増えたことによって、売上が増えています

さらには、次世代通信規格である「5G」や自動運転などの新しい技術も大気社にとって追い風となっています。新しい技術で使う電子部品は総じて、ホコリの付着は絶対に許されませんし、温度に対しても敏感です。ちょっと暑くなっただけで、システムが壊れたりする。そのため特に電子部品メーカーから、クリーンルームの設計と施工、より強力な空調設備の設計と施工の注文が増えているのも、オススメする理由です。

 

大気社の魅力的なところ

最初から最後までを全部扱うところだと言えます。設備工事を行う会社は総じて、発注元から、「この場所にこのエアコンを設置してください」と注文が来て設置する、が基本です。

しかし、大気社は違います。工場を建てることを計画している時点で話に入ってくるのです。最適な事業が行えるように、部屋の大きさはどれくらいにするのか?部屋の数はいくつにするのか?どのように人員を配置するのか?それで最適な空調機器はどれなのか?これらの内容を顧客企業と徹底的に話し合い、設計して調達し、施工するという全ての工程を担当します。なので現場で揉まれながら、空調に関して全ての過程を扱うことができる専門家として大きな成長できる企業です。

世界で19ヵ国に拠点を持っているため、世界中で仕事をすることもできます。よって、自身の技術を日本だけではなく、世界で貢献したいと考えている就活生にとっては絶好の企業です

戦前から培っている気流を制御する技術を応用して、大気社には独自の商品があります。それは「風洞設備」です。風洞設備とは、密閉した空間の中で人工的に風の流れを発生させる施設です主に自動車メーカーの研究所で使われています自動車塗装で培ったバランスよく空気を送り込む技術を応用して、2000年に商品化しています

さらには、新事業への挑戦も行っており、新たな成長の柱として位置づける事業は、航空機の塗装と鉄道車両の塗装です。
空調は日々の生活で重要な位置を占めている分野であり、その世界シェアを獲っているため、大気社は非常に魅力的な会社ですね。

 

働き方や福利厚生は?

社風が合う人と合わない人が両極端に現れる会社だと推察します。その最たる理由は、現場で揉まれるためです。施工の現場でいろいろと調整をしたり、監督をしたりなど、やらなければならないことがたくさんあります。

これに適応できるかどうか、ということです。社会人として、技術者として爆速的に圧倒的な成長を成し遂げられる方法は現場で揉まれることです前項のとおり、注文が増えているため、仕事はたくさんあります室内で籠もって仕事をしたいと考えているインドア思考の就活生には、絶対に向かいない会社です

しかし、外に出て自分の手で技術を広めたい、と考えているアウトドア思考の就活生には向いています。よって、土日祝日も勤務することが非常に多いしかし、アウトドア過ぎて働きまくると、労務の問題になりますこのことに対して大気社は非常に厳しい目線を持っていて、残業をさせない施策をどんどん打ち出していますよって、平均残業時間が年ごとに減り続けています

工程の最初から最後までを全て扱えるため、大きな売上げを立てやすいことと、現場で揉まれることとで、そういったことをきちんと考慮した給与体系もできており、平均年収が927万円と業界内ではかなり高い水準ですあと、空調関連の会社ですので、自社の空調も完璧です。私が聞いた話では、独身寮も設備がいろいろと完璧で非常に住みやすいそうです。

 

どんなタイプの就活生が活躍できそうか?

非常に公共性の高い事業を行っているため、「自身の技術で日本はもちろん世界中の人々に貢献したい」と考えていることが大前提だと思います

その上で、インドア派ではなく、積極的に外に出て多種多様な人と話し合いながら物事を決めて、技術の普及に勤しめる就活生の方は入社後も活躍できるのではないかと思います。

そのためある程度の体力とストレス耐性が必要です。さらには、現地の国の役人(大臣が出てくることもある)から現場の作業員まで、いろいろな層の方と対等に話し合うことができるコミュニケーション能力が必要です外国語の知識は入社後に勉強できますその前に日本語で高いコミュニケーション能力を持っていることも非常に重要です男性が多い企業ですが、近年は女性従業員に優しい施策をどんどん実施していますなので女性も是非、志望して欲しいと思っています

 

まとめ

大気社についてまとめてみました。気流を扱うプロとして、空調と塗装で事業を展開している日本が誇る世界企業です平均年収も高く、空調の技術者として成長できる仕組みもできていることが素晴らしいですね

新型コロナウイルスの影響で注文をさらに増やしており、今後もますます世界に冠たる大きな会社に成長している大気社は見逃せませんね。この記事を見て興味を持ちましたら、是非受験する企業の候補として、大気社を加えることをオススメします。

大気社ホームページ

次世代を見据えた環境技術を駆使し、エネルギー・空気・水のエンジニアとして、ビル空調、産業空調、塗装プラントの三つの領域を…

 

 

最新情報をチェックしよう!