会社の数字はここを見ろ 社員平均年齢編 

会社の数字はここを見ろ 社員平均年齢編

平均年齢と聞いてパッと思いつくのは、その会社の総従業員数の平均年齢。高ければ高齢の方が、低ければ若めの方が多いんだろうなぐらいに思ってた私、古江です。が、そんな単純な事だけではなかったご様子。平均年齢に隠された意味とは一体何なのか??それではシリーズ第4弾、「社員平均年齢編」!どうぞご覧下さーい!

<聞き手:合説どっとこむマガジン副編集長 古江健二>


古江 おはようございます!本日は会社の数字はここを見ろ〜社員平均年齢編〜ということでよろしくお願いします。

兵頭さん よろしくお願いします。

社員平均年齢が大切な理由

古江 さっそくですが、社員平均年齢とはどういったことでしょうか?

兵頭さん たぶん9割以上の就活生は気にしてないことだと思います。しかし意外に大事なデータなんです。結論を先に言うと「大きな裁量権で仕事したい」「早く成長したい」を軸にしている就活生は社員平均年齢が20歳~30歳前半の会社にいきましょう。逆に「ワークライフバランスを大事にしたい」「出世はゆっくりで問題ない」が軸の就活生は35歳以上の会社に行くのがオススメです。

D_17-1
9割って言ったら、10人中9人って事ですよね?!これは危険だ!

早く成長したい人は平均年齢が若い会社に行くべし

兵頭さん まず前提となる考え方ですが、人は地位で育つ。ポストで育つということです。もちろん教育研修は大事ですが、教育研修が充実してるけど40歳からしか課長になれないよりも、30歳で課長になれるチャンスがあった方が育ちやすいです。

兵頭さん 例えば、古江さんが明日から転職先に出勤ってなりますよね。初日から10人の部下に朝礼の挨拶をしろと言われたら身が引き締まりませんか?

古江 確かに。それはちゃんとしなきゃってなりますね。

兵頭さん でしょ。若いうちにポストにつける環境かどうかっていうのはけっこう大事なんです。一例で私が若い頃に在籍していた東証一部上場企業スーパーの話をしてみます。

兵頭さん そのスーパーは当時、同期100人、社員数2,000人でした。あの頃は30歳ぐらいが社員の平均年齢でしたね。そして1番の出世頭とされていたのが店長だったんです。店長がターニングポイントでキャリアの軸でした。

兵頭さん その店長に入社7年目でなれるようになってました。29歳、30歳で店長になれた。

古江 若くないですか・・?

兵頭さん 今は、スーパーの店長っていったら50歳ぐらいのイメージだよね。そうなってしまったんですね。肌感覚ですが、社員平均年齢は毎年0.6歳ぐらい上がっていきました。僕が入社したころの社員平均年齢は若かったけど、今は40歳以上じゃないかな。

兵頭さん 調べるとわかるんですが、成熟した大企業は社員平均年齢は40歳以上がほとんど。年功序列で新卒採用も地道に行う。その影響で社員数は横這いです。

古江 この年齢はどこで調べればいいんですか?

D_17-2
教えて!Google先生!

兵頭さん ググればでるんじゃないかな。上場企業は開示されていることが多いですよ。

古江 ほぉー

兵頭さん わからなければ人事に聞いてみるといいですよ。ちなみに上場企業の社員平均年齢は35歳みたいです。

ワークライフバランスを大事にしたい人は35歳以上の会社にいくべし

古江 社員平均年齢は若い方がいいんでしょうか?

兵頭さん 価値観によります。「ゆっくり出世したい」とか「ワークライフバランスも大事」という人は成熟した大企業がマルです。そちらの方が合ってます。

古江 なるほど。反対に早く出世したり大きな仕事したい場合は若い方がいいと?

兵頭さん そのとおりです。また私の例で恐縮ですが、スーパーで考えて見ましょう。

D_17-3
今日はスーパー押しだなぁ。

兵頭さん 当時のスーパーの店長は30歳。今は40歳以上です。でも、スーパーの店長の仕事レベルは今も昔も変わらない。売上も、マネジメントも変化ない。つまり単純に遅くなっていっているだけなんです。私は人事部でその過程をみてきましたから。

兵頭さん やはり28歳で店長をやるほうがプレッシャーもすごい。40歳でやるよりもね。

古江 なるほどなるほど。どちらかがいいわけではなく、価値観で決めることが大事なんですね。

兵頭さん そうです。弊社と取引している会社の部長の方で、その人は28歳。でも部下100人をマネジメントしてます。

兵頭さん 肌感覚ですが、部下を多く持ったことで威厳というか、オーラが変わった感じしますよね。自信に満ち溢れている。地位が人をつくるんだなと改めて思いました。

D_17-4
ふ…、深いぞ平均年齢。

自分に合った平均年齢は就活の軸によって変わる

古江 価値観によって変える必要はあると思いますが、オススメの社員平均年齢はありますか?

兵頭さん これはね、35歳以下がよい。38歳とかだと、どうしてもリストラチックなことが起きてきます。35歳を超えて平均レベルの評価だと左遷とか地方に飛ばされる例もあります。

兵頭さん 社員平均年齢が20代後半は裁量権が大きくできます。30代前半は組織ができてきて研修も導入される。30代後半は大企業のようになります。業態は安定している可能性も高いです。40代半ばは定年までちゃんと勤め上げることをポリシーにしている企業でしょう。

古江 新しい視点でした !本日もありがとうございました。

D_17-色紙
必ずテェック!ありがとうございました!

おまけ

兵頭さん 研究材料として非常に両極端な2社をご紹介します。

1つはリクルートです。この会社は30歳をすぎると前向きな転職や独立をしていく文化ができていてハッピーな循環が生まれています。これは社員の平均年齢を若く保つ理想の形です。

もう1つは伊那食品工業。年輪経営と呼ばれ、完全年功序列です。会社の規模も微増を続ける。その代わり定年まできちっと勤め上げることができる。社員の平均年齢は高くなりやすいけど、このモデルも非常に参考になります。

様々な業種がある中、一つ一つを調べるのは至難の技。しかし、調べるコツを掴めればそのスピードは格段に上がるはず。兵頭さんがプロデュースする講座で、コツを見つけて企業研究してみるのはいかがでしょう?

最新情報をチェックしよう!